■商品先物取引投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

現在ではいろいろな投資法があるが、商品先物取引投資もその中の一つである。商品先物取引投資とは、特定の商品を将来のある決められた日日にあらかじめ決められた価格で売買することを約束する取引のことを指す。先物取引をする意味は、商品というのはその時々の経済情勢に追って、その価格は変動する。よって将来的な価格の変動リスクをコントロールするために使われる手段である。あらかじめ売買価格を設定しておけば、どのような経済情勢の変動が起きても、あらかじめ利益を計算することができる。一方で、あらかじめ先物取引で設定された価格と、実際に取引を行うときがきての価格では、違いがみられることがある。この場合、価格の差額によって、利ザヤを稼ぐことも可能だ。よって先物取引を使って、投機を行う人も少なくない。特に日本では、投機的な意味合いで先物取引に参加するケースが多いとされている。
商品先物取引投資の流れは、一般的に以下のような流れによって行われる。まず商品を取引する双方で、いつどれくらいの価格で特定の商品の売買をするかについて決めていく。ちなみに一般的には決済される月のことを「限月」と呼び、取引される数量の単位を「枚」で表現する。具体的な例をしますと、金の先物取引は盛んであるが、もし3月に3kgを売買する先物取引の約束が成立した場合には、限月3月で3枚という風に表現をする。ちなみに金の場合、1kgを最低の取引量に定めているので、1kgが1枚という風に扱われる。
先物取引の売買をする場合、原則は決められた期日に購入する側は決められた価格を支払う取り決めとなる。ただし証拠金といって、取引所の一定の額を担保という形で納めないといけない。一般的には、取引価格の全代金のうち、5〜10%程度を支払うのが慣例となっている。またもし先物取引の約束されている商品があり、未決済になっている状態のもののことを「建玉」という。
場合によっては、建玉によって損益が発生することもある。この損益をことを値洗いという風に呼ぶ。もし一定量の値洗い損が出てしまった場合には、追加の証拠金の支払いが求められることになる。もし証拠金を支払うことができなくなってしまった場合には、強制的に決済をさせられてしまう。
建玉は投機的な取引を行っているものがよく使う手である。通常値が上がると思えば買い建玉を、値が下がると思えば売り建玉を行う。ただし先物取引の中には農産物など、我々の生活に直結する商品も多数ある。このため、商品先物取引投資が過熱することはいかがなものかという論調も出てきている。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■商品先物取引投資の本来のメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!


商品先物取引投資は、一般の市民でも参加することができるような仕組みになっている。というのも少額から取引に参加することができるからだ。そもそも取引所に証拠金を納めれば、商品先物取引投資に参加することができる。一般的に証拠金というのは、実際の売買価格の5〜10%程度が相場となっている。よって初期コストを最小限に抑えることができる。
しかもレバレッジをかけることができる。よってちょっとした値動きが起きたとしても大きな利益を生むことができる。ただし一方で、もし値動きの読みを誤った場合には損失が出る可能性もあることも、しっかりと認識しておかないといけない。
このようにしてみると、信用取引と似ているという感覚を持つ者もいるだろう。しかし信用取引の場合、金融商品や資金を貸借していることになる。よって信用取引を行う場合には、金利が発生をしてしまう。しかし商品先物取引投資の場合、貸し借りの関係性はないため、金利が発生することはない。よって無駄なコストの負担をする必要がないわけだ。
通常投資をする場合には、まずは買いから始めないといけない。何か金融商品を購入し、それを売却しないと、取引に参加することができないからだ。しかし商品先物取引投資の場合、売りから取引を開始することも可能であるのもメリットといえるだろう。解答り、両方からスタートできるということは、不況下においても利益をあげる可能性があるということだ。例えば、ある金融商品を証拠金を収めて借りて、それを売却するところからスタートしたとする。そしてもし、景気の状況が悪く、売却した商品が値下がりをしたとする。値下がりをした時点で買い戻しを行えば、利益を確保することが可能だ。買いしか取引に参加することができない金融商品の場合、不況下ではなかなか利益をあげることが難しいのと比較すると、売りから入ることができる商品先物取引投資は大きな意味を持ってくる。
また商品先物取引のメリットとして指摘する声が高いのは、ボラティリティが高いという点である。ボラティリティというのは商品の価格の変動率を指している。つまり値動きがほかの金融商品と比較すると大きいため、短期間で一定の利益を確保することができるというわけである。しかし一方で、商品先物取引は常に自分にとって都合のいい方向に進むとは限らない。もし自分の期待した方向と逆に値動きが進んだ場合には、一瞬にして大きな損益を出してしまう場合がある。


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート

■商品先物取引投資の本来のデメリットとは?


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?


金融商品を使って投資で、「100%もうかる」という文句を使っている業者がたまにいる。しかし金融商品を取引するときにおいて、確実にもうかるというものは一つもない。商品先物取引投資をする場合でも、もちろんリスクはある。
まず商品先物取引投資には、レバレッジというものをかけることができる。一般的にメリットとして紹介される特徴だ。
レバレッジは英語で「てこ」を意味し、自分の手持ち資金の数倍の額を使っての取引をすることができる。取引をうまく持っていくことができれば、手持ち資金の数倍の利益をあげることができる。「少ない額で大きな利益をあげることができる」というのが商品先物取引投資の、確かに魅力ではある。
しかし勘違いしないでもらいたいのは、少ない資金で大きな利益を得ることができるのは「取引がうまく」いった場合に限られるということである。もし取引に失敗をしてしまった場合には、損失を被ることになる。もしレバレッジをかけていた場合には、手持ち資金の何倍の損失を計上することになってしまう。下手をすると手持ち資金がゼロに、最悪の場合マイナスになってしまう可能性が出てくる。しかもレバレッジの倍率が高くなればなるほど、リターンも大きくなるがリスクも大きくなる。先物取引のいいところだけを聞いていると、こういったリスクを承知せずに安易に投資をしてしまう可能性があるから注意が必要だ。
また投資にはリスクがあるということは、元本が保証されていないということも併せて理解するべきである。商品先物取引では、いろいろな現物が取引されている。スーパーなどに行って商品の価格をチェックすればわかることだが、常に商品の価格は上下動を繰り返している。そのため、タイミングによっては損失を計上する可能性もある。その場合、投資していた資金が目減りをしてしまったり、全くのゼロになってしまうということも念頭に置いておく必要がある。しかもその失ってしまった資金は、回収することができない可能性もある。これらのことも理解したうえで、商品先物取引投資を行うべきである。
もし投資を考えている場合には、余剰資金を使って行うべきである。上に説明したように、資金が減少してしまう恐れがあるからだ。しかし中には、自分の生活費までつぎ込んで投資をしようとする人もいる。生活費までを、投資の資金として使うのは絶対に避けるべきだ。商品先物取引は、打ち出の小づちではないということをあらかじめ理解をするべきではないだろうか?


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚