■国債とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

日本の財政が語られるときに、国債の発行額についてよくニュースなどでかたられることがある。そもそも国債とは、どういったものを指すのだろうか?

国がいろいろな政策もしくは、事業を推進するとする。この場合、お金がどうしても必要となる。

資金を調達するときに、ほかから借入を行うこともできる。

この時の借入証書という形で発行されている債券のことを国債という風に呼ぶ。

つまり国債を所持しているということは、その投資家が国にお金を貸し出していることの証拠ということになる。

国債は、一定の期間借入を行う。そして満期がやってくるときには、債券に記載されている元本を返済する。

加えて国は投資家に対して利子も付けて返済をすることになる。ちなみに償還期間、すなわち国債の満期にはいくつかの種類に分類することができる。

短期国債と呼ばれる1年以内に満期が訪れる国債もある。

また2〜4年程度で満期が訪れる中期国債や、5〜10年程度が償還期間として設定されている長期国債もある。

しかし中には満期が国債を購入してから10年以上も余裕のある、超長期国債という種類の国債も発行されている。

現在発行されている国債を見た場合に、最も多く発行されているのは長期から超長期国債と呼ばれるもので、償還期間が10年以上のものが市場に出回っている国債の大半と思っていただいていい。

ちなみに国債は一見、国と投資家との間のみに成り立っている関係のように思われる。

しかし国債はほかの経済の分野にも多大なる影響力を有している。

例えば、国債には利子がつくが、この利回りをどう設定するかによって、銀行の貸出金利や住宅ローン金利が影響をされる面を持っている。

このため国債の金利の動向が、国の経済の動向を大きく左右することもあれば、一方で現在の経済情勢を国債の利回りが象徴しているともいえる。

国債には大きく分けて2つの種類が現在、発行されている。まずは赤字国債である。

通常国の収入は税収によるところが大きい。通常は税収を元手にして予算を組んでいくものである。

しかしどうしても予算で必要な資金を税収などの収入だけでは賄えない場合もある。

この場合に赤字国債を発行して不足分を補うのである。もう一つは建設国債である。

建設国債は、橋や道路といった建設関係のものを作るときの資産に限定をして発行される国債である。

現在、日本の国債が問題視されている。

それは、国債の発行額があまりに大きくなっており、いずれは財政が破たんするのではないかという懸念があるからである。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■国債投資の本来のメリットとは?


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート


国債のメリットを考えるうえで、基本となる考え方がある。

それは、国が発行している債券であるということだ。

会社の発行している債券の場合、もしかすると元本を回収することができない可能性がある。

会社が破たんや倒産をする可能性は一定の確率であるからだ。しかし国の場合、めったなことで破たんをすることはまずないと思われている。

つまり国債を購入しても会社の発行している債券や株券と違って、全くの紙切れになってしまうということは、まず想定しにくいという点が投資家からするとメリットであり、安全材料といえる。

また国債の場合、債券に記載されている元本と利子をつけて返済をしてくれる。

しかも回収の可能性はかなり高いとされている。実際、民間の会社による債券の格付けが行われているのだが、国債の返済能力の評価はかなり高い。

このへんも国債投資をするうえでのメリットということができるだろう。

国債はほかの債権とは少し異なり、元本の価格というのはどのような経済情勢になったとしても基本的には変化しない。

しかも市場の金利に変動がみられたとしても、元本が変わることはまずないといっていい。

こちらも投資家からしてみると、資産の運用である程度の計算をすることができるということで、安心して投資することができるきっかけにはなっている。

さらに国債の場合、どのような経済情勢になろうとも、金利が必ず付いてくる。

というのも国債にはルール上、0.05%の最低金利が保障をされている。つまり景気がいくら停滞をしたとしても、金利は0.05%を下回ることはないわけだ。

通常景気が悪くなると、限りなく利息を受け取ることは難しくなる。

しかし国債の場合、どのような事態になったとしても、多少の資金の上積みを確実に期待できるわけである。

国債投資は、ある意味不景気の時に最も強さを発揮する投資法ということができるだろう。

現在では個人投資家にも国債は、なじみの深い金融商品となっている。

というのも2003年から、個人向け国債という商品が発売されているためである。

個人向け国債の魅力は、1万円から購入することができるという点である。

1万円であれば、一般庶民であっても、ちょっとした小遣いを使って購入することが十分に可能である。

投資に興味があっても、なかなか参加できないという人は、個人向け国債から入れば、元本と利子はほぼ保障されているので、安心して参加することができるはずである。

しかし借金大国となってしまった日本、決して将来的な先行きは安心というわけでもないことは肝に銘じておくべきである。


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?

■国債投資の本来のデメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

国債のデメリットは、途中解約にあるといっていいだろう。

基本的に満期まで国債を所持し続ければ、元本と金利についてはほぼ確実に保証されるといっていい。

しかしもし途中解約をしてしまった場合には、所持をしていた期間によっては元本割れを起こしてしまう可能性もあるので注意が必要だ。

似たような投資の方法として、定期預金がある。定期預金の場合も、あらかじめ設定された満期まで預け入れをしたお金を塩漬けにすることになる。

そしてもしも途中解約をした場合には、それなりのペナルティーが科せられることになる。

しかし定期預金の場合、多少の利益が目減りをしてしまったりするリスクはあるが、元本割れを起こすことはまずない。

国債の場合には、途中解約はさらに厳しいリスクが待っているということをあらかじめ理解しておくべきである。

よってもし個人投資家が国債を購入するときには、満期がどの種類のものをいくら購入するかということに慎重でないといけない。

できれば、余剰資金を使って投資をし、別に国債を購入しても、生活費には深刻な影響が出ない範囲で購入することをお勧めする。

目安としては、国債を購入したお金を、そのままの状態で5年程度塩漬けにしても生活に差しさわりがないかどうかで判断をするといいだろう。

また国債は、マーケットで売ることも可能ではある。

この時マーケットの動向によっては額面以上の価格で売却することができる場合もある。

この場合には、国債を売って利益をあげることも可能である。

しかしその逆もありうる。つまり国債はマーケットでは時価、つまり額面とは全く関係ない基準で取引されている。

よって売り時を誤ると、額面よりも安い価格で売ることになってしまい、損失を計上する可能性もある。

国債のマーケットにおける扱いであるが、基本的にはおおきな値動きの変動というのは見られにくい。

株式の価格と比較をすると、その値動きははるかに小さいのが一般的だ。
国債が評価される理由の一つに、株式投資などと比較すると満期償還の時に元本が返ってこないリスクが低いということがよく紹介されている。

しかしここで注意をしてもらいたいのは、あくまでも「リスクが低い」ということである。

決して「元本が返ってこない可能性はゼロである」とは言っていない。

確かにほかの国の国債と比較してみても、日本の国債はお金の回収ができないデフォルトの発生する確率は極めて低いということはできる。

しかし性快適な金融危機が発生をしていることもあって、今後は今までの常識が通用しない可能性も否定できない。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚